いいものミッケ2014-05-15_08h26_36
0

(『天文学の話』 ~高村光太郎)★原宿ペニーレーン★『あこがれ共同体』

僕の大好きな高村光太郎の詩の一節です。
1975年のドラマの冒頭に使われていました。

←こんなページ見つけました

それはずつとずつとさきの事だ。
太陽が少しは冷たくなる頃の事だ。
その時さういふ此の世がある為には、
ゼロから数字を生んでやらうと誰かが言ふのだ。
(『天文学の話』 ~高村光太郎)

さうか、天文学の、それは話か。
仲秋の月ださうだ、空いちめんをあんなに照らす。
おれの眼にはアトムが見える。

http://www.begets.co.jp/doda/archive/098.html

2014-05-17_06h28_07←このサイトより掲載させていただきました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>