lino_thumb.jpg
0

linoという付箋ボードソフトにはブログやsnsに投稿できる機能がある

linoという付箋ボードソフトにはブログやsnsに投稿できる機能がある。linoで投稿

 

 このページを音声で簡単に説明しております。停止ボタンで止まります。

下記1~3の投稿機能がある。

1)URL

2)リンク

3)埋め込みコード

ボードの設定も色々できる。

A【グループ設定】したボード

B【みんなに見せる】に設定したボード

C[みんなに付箋を貼ってもらう]に設定したボード

***********************

以上の条件で実際に、linoで作ったボードをサイトに張り付けてみるとこのようになりました。

        ⇩

 

 

A ★グループ設定したボードを投稿してみる。

1)URL⇩

http://linoit.com/groups/%E3%83%91%E3%82%BD%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%81%AE%E3%81%8A%E5%8B%89%E5%BC%B7/canvases/%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%97%7C%E6%97%A5%E8%A8%98%E6%AF%94%E8%BC%83

 

ポイント↑URLは作動している

2)リンク⇩

 

ポイントリンク画像が設定されない↓

  ポイントリンク内にコメントできる。ボードのタイトル|マインドマップ|日記比較。
マインドマップ|日記比較

 

 

3)埋め込みlino(埋め込みコード)⇩

linoの埋め込みコードをテキストエディタにコピペするとこうなる
 
ポイントlinoのマイページにログインしていないのでログイン画面になっている。

(ログインしていればページ表示している)

 
 
なるほどこのようになるのです。
 
***************************************
 

B ★次に【みんなに見せる】に設定して投稿してみる。

1)URL⇩

http://linoit.com/users/decodolphin/canvases/mind%20map%20of%20the%20dedodolphin%20site

 

 

  ポイント↑URLは作動している

2)リンク⇩

 

ポイントリンク画像が設定される↓

ポイントリンク内にコメントできる。ボードのタイトル|mind map of the dedodolphin site
mind map of the dedodolphin site

 

3)埋め込みコード⇩

 

ポイント誰でも観覧できる。

(観覧のみ)

 

************************************************

 

C 最後に★[みんなに付箋を貼ってもらう]に設定したボードを投稿してみる。

1)URL⇩

http://linoit.com/users/decodolphin/canvases/%E5%8C%BF%E5%90%8D%E3%81%A7%E6%9B%B8%E3%81%91%E3%82%8B%E8%AA%B0%E3%81%A7%E3%82%82%E8%90%BD%E6%9B%B8%E3%81%8D%E5%B8%B3

 

 

ポイント↑URLは作動している

 

2)リンク⇩

 

ポイントリンク画像が設定される↓

ポイントリンク内にコメントできる。ボードのタイトル|匿名で書ける誰でも落書き帳【匿名で書ける誰でも落書き帳|Graffiti book anyone can write anonymously】マインドマップ|日記比較
匿名で書ける誰でも落書き帳

 

 

3)埋め込みコード⇩

ポイント誰でも観覧できて、書き込みもできる。

()

 
 
linoの使い方のボードはここにあります(ボードにtlip
 
*************************************
 

まとめ

A【グループ設定】したボード、、、仲間内での共同作業、共有などなど。
B【みんなに見せる】に設定したボード、、、ブログなどに貼り、プレゼンや説明、サイトの紹介などなど。
C[みんなに付箋を貼ってもらう]に設定したボード、、、、、アンケート、ご意見書き込みなどなど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>