Exif_JPEG_PICTURE
0

デコドルフィン(decodolphin)ブランドスタートします

 

プロローグ

**********************************************

ドル白黒

**********************************************

スポンサード リンク



***********************************************

 

decodolphin.comのurlを取得したのが、今年の6月15日

別に合わせたわけではないが、ちょうど半年前になる

2013年6月15日wordpressスタート、これが本当のスタートである

自分が今日思うことはもっと前にdecodolphin.comという響きを知っていて

去年ぐらいからネット構築を始めていたような錯覚に陥る

まだ今の時点ではスタートとは言えないのかもしれないが、初めてこのブログに写真を掲載したり

記事を書いたりプロフィールを書いたり、他の自分のサイトへのリンクヘッダーを設定したりしてはいたが

まったくそれ以上前に進むような心境、いや準備が自分の中で整っていなかったのだ

decodolphinという名前はとあるきっかけで、天から舞い降りてきたようなものだが

2011年10月20日に、それまでの自分の思いが、頭から体から表に出てきて何かの形になりそうな予感がして

始まる感覚が自分の中に目覚めて、生まれたというより目覚めたような感覚だったと思う

とにかく、その時が、僕にとってのこのアクションの始まりであることに間違いはない

これからいつまで続くのか、どこまで行くのか、すぐに終わるのか、本当にスタートが切れるのか

今この時点でまったくわからない

ただ一つだけいえるのは

これだけこのことに集中して考えながら作業をして行動を起こして

動き回っている自分は今までに自分自身で味わったことがないのは事実である

いったい、僕はどこに行こうとしているのか

又、どこにも行かずにただこの場から離れられずに

くるくる回っているだけなのか、まったくわからない

ただ、あいまいながらも到達点のようなもの

向かっている先に、ここまで行きたいという目標地点のようなものがある

それだけは間違いがない、それは場所ではなく、ただただ、形のない到達点だけれど

それがあるから、それに向かって、ひたすら走っている

僕の今までの人生でこのようなことはなかったのだ

なんだか、昔から思い描いていた子供のころから持っていたが

大切にしていたが形にはできないだろうと思っていた何か塊のようなものが

うっすらと形になりつつある

もしかしたら僕自身がどうしてもそれを形にしたくて今がそれを行う時で

その時が来たのを素直に受け止めて行動に移せるように

心に映し出しただけかもしれない

その塊を大切に両手で覆うように持ちながら育てようとしているのだと思う

直感で分かっていることは、決して短い期間で

〈何かが生まれたり何かが変わったりすることはない〉ということ。。。。〉

だから、このwordpressというブログに6ヶ月もかかって

初めてのこのような文章をしたためているのだ

しかも、まだネットのサイトの完成どころか土台すらできていない状態である

そのうえ、これらのネット構築の作業は、僕の目的(あいまいながらも持っているもの)ではなく、、、、、

あくまでも手段でありまったく違うところに目的地があるのだ

しかし自分が納得のいくところまで行わないと

どんなに時間がかかっても遠回りをしても

やらなければならないと、そう思い進めている

何はともあれ、今日がスタートだ

 

2013年12月15日 @ 23:14

 

************************************************

★★★

創作図鑑

 

★★★

ストックフォト

★★★

思った以上の人生は、すぐそこで待っている

★★★

Adobe Photoshop

★★★

ScreenPresso

★★★

***********************************************

スポンサード リンク



★★★★★★★★

ホームページ↓

突飛工房デコドルフィン|身に着けるロック|歩くアート

ライフログ(このブログ)↓

あとは愛するだけでいい(only by loving)

創作図鑑↓

デコドルフィンのオリジナル一点物創作図鑑

アメブロ↓

世界を変える親父バンド|モテる為のアイテムとおしゃれ術

FaceBookページ↓

デコドルフィンのアート法

Twitter↓

Hideki Sugihara

★★★★★★★★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>