c08692e16a2d.jpg
0

スタートから今までの間の物語

2011年10月20日に何気なくというか

本当は、何気なく出はなく

何かが自分の中で動いたんだけど

とにかくスタートすることになった

**********************************************

 

**********************************************

スポンサード リンク






***********************************************

名前を付けてブランドでも始めるか

**********************************************

名前を付けてブランドでも始めるか

 

**********************************************

最初はこんな感じだったが

その時の僕が置かれた状態は最悪だった

2008年に会社が倒産してこれからどうしようかと思い

3年たった時点

その間の3年間もいろいろやったのだが

まずは、いやでも色々なことを考えてしまって

周りの環境、特に人間関係もだいぶ変わってくる

だって、30年間やってきた仕事がらみの関係が

いやでも多かったわけだから

実質、そのような関係を徐々にではあるが

絶っていったッてことになるしね

細かい話なんかまったく意味がないので

話さないが

僕の状態がそんな時

2011年3月11日という衝撃の日が来た

日本人にとっては戦前、戦後ぐらいの衝撃だったはずだよ

地震だから戦中はないが

戦後(震災後)に変わってことがあまりにも多すぎる

もし、そういうふうに思っていない日本人がいたら

その人は、考え方を変えないといけないよ

人としてね本当に

そんなことが起きた後の僕は

今までの人生観を背負いながらも

これからの自分の生き方への思考が変化したのだと思う

アッ!!言っとくけど

この記事は震災のことを書いているわけじゃないからね

あくまでも今日は自分のやって来たことへの思いを書いてるんだから

なんかもう、今までの日本は終わったというか

無くなったんだなっと、そう思った

自分と同じだ

何でもいいから生きるんじゃなくて

もちろんそんな考えで生きてはいなかったが

根本的に人として日本人に生まれて

こんな生活をしてきたことへの

深い考え方を持った

反省でも公開でも納得でもない

全く違った味と感触

触角が生まれたような

眼や口や鼻や耳やじゃなく

肌触りのような

深い穴に吸いこまれるような

一人じゃいやだ二人でもない

みんながいるからいいわけでもない

そういう観点では割り切れない何かだ

なんか就職活動とかお金とか

そんな問題ではなく

生きるための本当に大切なモノごとたち

それは、そんな感覚は自分が子どもの時の思ってたことじゃないか

色々なモノごとにもまれ巻き込まれ

時間と共に流されていった自分が

とうの昔に忘れ去っていた感覚が

これだったのだよな

だからできるし、やろうと思った

だって、自分がもともと持っていた感覚を取り戻しただけじゃないか

だから、好きなものを好きなように作り

それが何かの形になるような

そんなことをやるんだ

そんなブランドでも作ってみようじゃないか

もともと、こんな考えから始めたのだ

そしてもう震災から5年

僕が思い立ってから4年半

そんな月日が流れていった

まだまだ全然満足できない

全く駄目だ

何度も何度も心が折れた

折れまくりながらなんとかやってる

自然になって気張らずに先だけを見て

くねくねくねくね曲がりっぱなしで

そんなふうに進んでる

これからどのように進むのか

これでいいのか

変えようか

進もうか

気張って気張って

折れて折れて

もっと柔らかくもっと自然に

もっと柔軟にもっとナチュラルに

そんなことをいろいろ考えながらやってる自分

今の考えはとにかくやる

とにかく続けっる

とにかく繰り返す

明日は何をどう考えてるのか

***********************************************

スポンサード リンク






***********************************************

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>